安全防災

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻
[ 日程 ]
2022年7月9日
[ 内容 ]
2022年度防災人材育成プログラム 2回目大規模災害後に備える
[ SLを行っての感想 ]

 最初に、先生や学生の方たちが行った現地での支援活動や、現地のその時の様子などの話を聞いた。被害の大きさを改めて知るとともに、話の中に出てきた「私たちが"がれき"と呼んでいるものは元々誰かの大切なものだった」という言葉がとても印象深く残った。

 避難袋の中身を考えるときは個人ではなく、グループで話し合いをしながら行った。ディスカッション形式で行うとは知らず少し驚いたが、知らなかったことや自分の考えになかったことなどを聞けて、有意義な時間を作ることができ楽しかった。海外では売られている避難袋の中にトランプなども入っているということを初めて知ったが、そのような時間をつぶせるものや気晴らしができるものを入れておくことも大切だなと感じた。

 また、実際に非常持ち出し袋の中身を入れるという体験もしたが、想像以上に、入れたいものが入らなかったのでびっくりした。人それぞれで必要なもの、持っていきたいものは異なるのでよく考えて入れなければならないと感じた。公衆電話で連絡をとるための小銭や身分証明書、家族がうつっている写真なども必要になると学んだ。特に公衆電話に関しては、置いてある場所や使い方、相手の電話番号、災害用伝言ダイヤルなど確認しなければならないことが多くあると感じたので、一つひとつ行っていきたいと思った。

 避難所では個人に対する配慮が難しいと学び、改めてそれぞれの非常持ち出し袋を用意することが必要であると感じた。用意するだけで終わらず、中身を2-3カ月ごと、1年ごとに見直す大切さも知った。これからも自らの知識を増やし、考え、さらに行動していきたいと思った。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・児童発達教育専攻
[ 日程 ]
2022年5月28日
[ 内容 ]
2022年度防災人材育成プログラム 1回目災害エスノグラフィー
[ SLを行っての感想 ]

 私は東日本大震災を経験したが、本日取り上げられた阪神・淡路大震災とはかなり状況も異なっていたため、それぞれの状況に応じて対応していくことが必要だと考えた。

 また、日本で発生した地震はどれも発生する確率が低い地域で起こっていたということを知り、いつどこで地震が発生するかは分からないため日々の対策が重要であるということを身を持って実感した。

 実際に避難所で使われているテントや毛布などを見せていただくこともできた。特に、プライバシーの考慮、運搬しやすいように圧縮されているといった工夫があることをはじめて知り、大変驚いた。これからも防災セミナーに積極的に参加し、私自身が防災を呼びかけることのできるリーダー的存在になりたいと考えている。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻
[ 日程 ]
2022年5月28日
[ 内容 ]
2022年度防災人材育成プログラム 1回目災害エスノグラフィー
[ SLを行っての感想 ]

 災害が起きてからの周囲の様子や動きなど読みものを通して具体的に知ることができた点が良かった。学生以外にも地域の方たちと交流することができ、様々な考え方を共有できて良かった。

 災害の現場では主体的に行動するようなリーダーが必要だということを学び、私自身リーダーとまではいかなくても、困っている人を助けることのできるように、知識をさらに増やしていきたいなと感じた。

 災害が起きた後すぐは特に、自助と共助が大事であるということを学び、その時に困らないようにするために今からの対策が重要であると考えた。自発的に行動できるようにするためにできることを考えて、実際に動いていきたい。

 今回の講座で、支援をしてくれる人に対するサポートも大切と知ったので、動いていけるようにしたいと思った。

[ 学部・学科 ]
看護学部・看護学科
[ 日程 ]
2021年10月23日
[ 内容 ]
2021年度 防災人材育成プログラム 2回目 DIG
[ SLを行っての感想 ]

日本でこれまでに起こった災害についての話を聞いている際、聞き覚えのないものがいくつかあったので、もっと災害について勉強するべきだと感じた。しかしながら、2016年の熊本地震は祖母が熊本に住んでいるので当時は心配して何度も電話をかけたことを思い出した。帰宅したらまた電話をかけて今日参加したプログラムについて話したいと思った。

地図に広い道路・狭い道路を色分けしてマーカーをひいたり、危険な場所や施設に目立つ色のシールを貼ったりする作業を行ったことは私の記憶が正しければ今回が初めてなので新鮮に感じた。

日進市は買い物や遊びに行く用事以外ではあまり行く機会がなかったが、地図を見ると浄化センターや市民会館、池のある広い公園など、娯楽施設以外の自分の知らなかった施設がたくさんあって驚かされた。施設の周辺は狭い道路が多く、渋滞しやすく、災害時は避難するのに時間がかかりそうだと思った。また、上納池スポーツ公園には大きな池があり、液状化が起こる危険性はないのか疑問に思った。帰宅したらハザードマップで調べてみようと思った。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・幼児保育専攻
[ 日程 ]
2021年10月23日
[ 内容 ]
2021年度 防災人材育成プログラム 2回目 DIG
[ SLを行っての感想 ]

今まで学校の特別授業の1つとして防災について講話を聞くことがあったり、テレビのニュースなどの特集を見たりしただけだったので、基本的な知識しか私にはありませんでした。しかし、今回の防災人材プログラムに参加して、実際に私たちのくらす町(付近)で災害が起きたらということを常に頭において参加者のみなさんと協力してDIGができました。

私のグループでは、赤池周辺を担当して作業を進めましたが、誰もよく知っている人がいない中で新しい発見や学びがあったり、日本赤十字社の方に協力していただくことでたくさんコミュニケーションがとれたりととても有意義な時間にすることができました。

普段からの準備があることで実際に災害が起きてしまった時に役立つので、このようなプログラムで災害について見つめ直すきっかけができてよかったです。